ロゴ
ペットボトルの水について

ペットボトル入りの水や水道水の特徴について紹介しながら、水道直結型ウォーターサーバーのおすすめポイントについて解説。特に衛生面にフォーカスして考察したコラム。

水道型直結サーバーという選択肢!日本の豊かな水資源を活用しておいしい水を飲もう!

水道型直結サーバーを活用しよう!

ペットボトルのように開封後早く消費する必要がなく、ごみも出ない水道直結型ウォーターサーバーは、水道に直結させて使用するためボトルが必要ないだけでなく、衛生面においてもさまざまな特徴があり、その使用において実感できるメリットも数多く存在します。ここではこのタイプのサーバーのおすすめポイントの中でも、衛生面に関連するものを3点挙げご紹介したいと思います。

不純物を除去できる

水道水には腐りにくいという特徴がある一方で、そのために投入される塩素がカルキ臭の原因となったり、発がん性物質を発生させたりすることもあります。また、塩素以外の不純物も全く含まれていないわけではないため、日常的に口にしていると健康被害が表れる恐れもあります。

それに対し、水道直結型のウォーターサーバーには逆浸透膜フィルターなどを使用した高度なろ過機能が搭載されていることが多く、塩素をはじめとした不純物を限りなくゼロに近い状態にまで除去することができます。そのため、塩素を原因とするカルキ臭の除去をはじめとした衛生状態の管理を目的とした対策を行う上でも適しています。

このように、このタイプのウォーターサーバーに搭載された高度なろ過機能は、その衛生面において大きな威力を発揮し、水道水を安心して日常的に口にすることができます。

消費期限を気にしなくてよい

ペットボトルやボトル型のウォーターサーバーの場合、それらの水は開封後できるだけ早く飲む必要があり、消費期限も気にしなければなりません。特に加熱処理が行われていないペットボトル入りのナチュラルミネラルウォーターの場合は、開封後比較的早くカビが生えてしまうことなどもあり、その点は衛生面において大きな弊害となります。

一方でこのタイプのウォーターサーバーの場合は、高度なろ過機能によって不純物の多くが除去されるため、不純物が腐敗することによる品質の劣化を防ぐことができます。また、必要なときに必要な分だけ水を出し、容器に入れての冷蔵保存などを避ければ、ペットボトルやボトル型ウォーターサーバーのように、開封後、消費期限を気にしながら飲む必要もないため、常に品質のよい状態の水を飲むことができます

このように、このタイプのウォーターサーバーの消費期限がないという特徴は、常に新鮮な状態の水を飲むことができるという点においても衛生面で大きなメリットがあります。

内部の衛生管理体制も充実

ウォーターサーバーの内部は常に湿度が高く、細菌の繁殖しやすい状態にあるため、それを防ぐための衛生管理も必要となります。しかしながら、サーバーは簡単に分解できないことが殆どであるため、利用者が内部の清掃を行うことは困難であるといわざるを得ません。

そのため、特にこのタイプのウォーターサーバーを取り扱う業者の中には、定期メンテナンスを実施することで機器内部の衛生状態の維持に努めている業者も存在します。また、機器によっては内部の自動洗浄機能を常時稼働させることにより、同じ場所に水が滞留することによる細菌の繁殖を防ぐことができるものも存在するため、サーバー本体の衛生管理が行えるという点でも水道直結型のウォーターサーバーには大きなメリットがあります。

まとめ

ここではペットボトルやボトル型ウォーターサーバーと同様に飲み水の確保において大きな効果を発揮する水道直結型のウォーターサーバーに関して、衛生面のメリットを3点挙げ、ご紹介しました。

このタイプのウォーターサーバーにはペットボトル入りのものやボトル型のウォーターサーバーにはない衛生面でのメリットが数多く存在し、安全性の高い水をいつでも飲むことができます。また、ペットボトルなどとは違い消費期限がないため、保存方法を気にしなくてよいという点もこのタイプのウォーターサーバーのおすすめポイントとして挙げられます。

最後にこのタイプのウォーターサーバーを取り扱う業者をランキング形式でご紹介しますので、ぜひ業者を選ぶ際の参考にしてみてください。

水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーおすすめランキング

水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーを比較し、おすすめの商品をランキング形式でご紹介します。さまざまな側面から比較して、もっともニーズに合ったウォーターサーバーを選んでみてください。

1位 COOL QOO(クールクー)

COOL QOO(クールクー)  >>公式サイトはこちら
初期費用4,200円(税別)~
月額費用4,200円(税別)~
電気代月800円ほど
メンテナンス代年1回(無料)
解約金ご契約から36ヶ月以内の早期解約の場合には、早期解約手数料として1年以内30,000円(税別)、2年以内20,000円(税別)、3年以内10,000円(税別)がかかります。37ヶ月目以降/36ヶ月を超えてお使いいただいた場合には、早期解約手数料はかかりません。

撤去費用は、10,000円(税別)となっております。

水道直結型の「COOL QOO(クールクー)」は、大規模工場のろ過システムを採用した、小型のウォーターサーバーです。

定額のサーバー代だけで、しっかりとろ過された水を自由に飲むことができます。年に一度の有人メンテナンスも実施。逆浸透膜を使用したろ過システムが、放射性物質まで除去します。

特徴的なのは、通常の「ROろ過水」だけでなく、「ROろ過水素水」のコースが用意されている点です。美容に関心の高い方から注目を集めているお水は、女性からも好評となっています。現在、お友達紹介キャンペーンなどもありますので、お得に利用できるチャンスとなっています。

2位 ピュアウェーブ

ピュアウェーブ
初期費用無料
月額費用4,200円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は違約金が発生

「ピュアウェーブ」は、簡単に設置できる水道直結型のウォーターサーバーです。

水道に分岐具を取りつけて、そこから給水するため、難しい工事の必要がないのが特徴となっています。フィルター交換もワンタッチで行えるため、社内で交換するときにも困りません。ROフィルターでろ過された安心して飲めるお水を、定額で利用できます。

3位 楽水(らくみず)

楽水(らくみず)
初期費用無料
月額費用4,250円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

「楽水(らくみず)」は、水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーです。

さまざまな料金プランが用意されているのが魅力で、ニーズに合わせて料金を比較検討できます。「お手軽プラン」ではサーバー代3,500円で初回設置工事費18,000円がかかりますが、「工事費無料プラン」ではサーバー代4,250円で初回設置工事費無料となっています。

買取プランも用意されていますから、必要に応じてプランを選んでみてください。

関連記事