ロゴ
ペットボトルの水について

ミネラルウォーターや天然水など、ペットボトルに入った水に関し、開封後の注意点、水道水との違いなどについて解説し、水道直結型ウォーターサーバーの利点について考察します。

ペットボトルの水は安全であり、逆に水道水は口にしても問題はないものの、積極的には飲みたくないと考える方は多いことでしょう。しかしながら、これら各々の品質はどのような条件下でもペットボトルのほうが優れているわけではありません。ここではペットボトルの水の衛生面について解説すると同時に、水道水との比較も行い、各々の違いについて考えてみたいと思います。

開封後のペットボトルの水の衛生状態

開封後のペットボトルの水の衛生状態

ペットボトルの注意書き

多くの場合、ペットボトルのラベルには「開封後はできるだけ早くお飲みください」といった文言が記載されています。中にはこのような注意書きを気にせず飲んでいるという方もいらっしゃるかもしれませんが、雑菌の繁殖という観点から見ると、この注意書きは非常に重要となります。

ペットボトルは開封後すぐに雑菌が増殖する

ペットボトルに入ったものに限らず、水は空気に触れることで雑菌の繁殖が始まります。そのため、ペットボトル入りの水は雑菌の繁殖を防ぐという目的で、出荷時には容器いっぱいまで入れられており、空気が入る余地は残っていません。

しかしながら、ペットボトルの場合は開封後すぐにボトル内に空気が入るため、雑菌の繁殖もすぐに始まります。そのため、上述した「開封後すぐにお飲みください」といった注意書きは、開封後雑菌の繁殖によって、その品質に影響が出始める前に消費してもらうことを目的として記載されていることが分かります。

雑菌は人間の口の中にもいる

雑菌の繁殖は、雑菌がペットボトル内に混入した段階で始まりますが、その混入は空気のみを介するわけではありません。特に人間の口の中には、唾液に含まれた状態で多くの雑菌が繁殖しており、開封後、ただ口を付けただけでもペットボトル内に雑菌が混入し、繁殖が始まります。

このような唾液を媒介してペットボトル内に混入する雑菌は、そもそも人の口の中にいることから、多少繁殖しただけでは、開封後口をつけても人体への影響はありません。しかしながら、長い時間が経過し、その数が増えると人体へも影響が及ぶことが考えられるため、できるだけ早めに消費したほうがよいことに変わりはありません。

開封後、賞味期限は適用外に

飲料や食品には賞味期限が表示されています。特にミネラルウォーターなどには、賞味期限を含めた成分表示が義務付けられており、その内容が商品の安全性の判断基準となることはいうまでもありません。

しかしながら、このような製品の品質を保証する期限は、あくまでも開封がされていない状態であることを大前提としているため、開封後、その期限は適用外となります。

また、「消費期限」と「賞味期限」は、前者は商品を食べることができる期限であるのに対し、後者は味に変化が表れない期限を表しています。この2つの期限はしばしば混同されるため、その衛生面について考える際には、双方の違いについても熟知しておかなければなりません。

ペットボトルの水の保存方法と注意点

ペットボトルの水の保存方法と注意点

開封前なら常温保存でも問題ない

スーパーなどでの販売方法からも分かるとおり、ペットボトル入りの水は、開封前のものに限定はされるものの、常温で保存しても特に問題はありません。また、ラベルに表示された消費期限などの日付も、その有効性は開封前のものに限定されるため、常温保存で問題ないのはあくまでも開封前のものであると認識してください。

開封後の消費期限は1日が限度

開封後のペットボトルには空気や唾液を媒介して雑菌が混入するため、開封と同時にその繁殖が始まります。そのため、開封後はその段階から品質の劣化が始まっていると認識する必要があります。

ペットボトル入りのものは開封後だと、その消費期限は1日が限度となり、それ以上の日数が経過したものに関しては、その品質が保証されません。また、ラベルに表示された消費期限は開封後無効となるため、その点に関しても十分な認識が必要です。

煮沸すれば長持ちする場合も

一方でペットボトルの水は煮沸することで消費期限が1週間程度まで長くなります。また、減菌処理がしっかりと行われた容器などで保存すると、その消費期限は数週間にまで伸ばすことも可能です。

これは煮沸をすることで混入した雑菌を殺菌することができ、出荷時に近い状態にすることが可能だからであり、ペットボトルの場合と同様に空気に触れない状態で保存を行えば、その消費期限はさらに長くすることができます。しかしながら、その衛生状態は、市販されているペットボトル入りのものよりは劣るため、できるだけ早く消費したほうがよいことに変わりはありません。

冷蔵保存は温度にも注意が必要

開封後のペットボトル入りの水は冷蔵保存することによって雑菌の繁殖スピードを抑えることができるため、消費期限も延ばすことができます。しかしながら、その度合いは気温によっても異なるので、季節に応じた温度設定がされた冷蔵庫で保存するようにしなければ、思ったような効果が得られない場合もあります。

長期保存で味が変わってしまうことも

ペットボトルの水はさまざまな処置を施すことでその消費期限を延長することが可能です。しかしながら、ペットボトル入りのものは長期間保存することによって、その味にも変化が表れることがあるため、風味や味が気に入っているミネラルウォーターなどの場合は、できるだけ早く消費する必要があります。

腐った水の見分け方

腐った水の見分け方

水は無機物であるため本来は腐ることがありません。しかしながら、ペットボトルのものには、微量ではあるものの細菌や不純物が含まれているため、それらが腐敗の原因となります。

見分け方

腐った水にはいくつかの共通した特徴があるので、それらを腐っているか否かの判断基準とすると分かりやすいでしょう。続いてはそれらの見分け方について解説します。

腐った水の特徴として特に多いのが「にごり」です。にごりは上述した細菌や不純物を原因とするカビの発生が影響しており、明るい場所でペットボトルを軽く振り、中を見ると判断がしやすくなります。また、場合によってはにごりと同時に沈殿物が発生することもあるため、その点も判断基準とすることができます。

浮遊物

カビは、にごりや沈殿物だけでなく浮遊物として表れることもあります。浮遊物に関してはにごりや沈殿物と比較して判別しにくいという特徴があるものの、同様にペットボトルを軽く振ると確認しやすくなります。

異臭

ペットボトルの水は腐るとその臭いには変化が表れますが、腐り始めた初期の段階では臭いが弱いので、臭いだけで腐っているか否かを判断してしまうことは危険です。

また、特に腐敗が進んだものは、酸味を感じさせる臭いや硫黄臭がすることもありますが、開封後でもここまで腐敗が進んでしまうことは少ないため、腐っているか否かの判断ポイントとしての有効性は低くなります。

輸入物のナチュラルミネラルウォーターは特に注意が必要

ミネラルウォーターの中でも、特に採取時の状態に近いものをナチュラルミネラルウォーターと呼び、海外の一部の国々では、このナチュラルミネラルウォーターの加熱処理が許可されていません。そのため、輸入物のナチュラルミネラルウォーターの中には開封後でなくても腐りやすく、輸入される過程で上述したにごりや浮遊物、異臭などが表れてしまうことがあります。

以上のことから、輸入物のナチュラルミネラルウォーターに関しては、購入時から腐っていないか否かの確認をしっかりと行う必要があります。

衛生面におけるペットボトルの水と水道水の違い

衛生面におけるペットボトルの水と水道水の違い

ペットボトルの水は種類がさまざま

ペットボトルの水は、ナチュラルウォーターナチュラルミネラルウォーターミネラルウォーターボトルドウォーターの4つに分類することができます。これらは、その処理方法にも違いがあることから、各々で衛生状態にも違いがありますが、ここでは最も一般的なミネラルウォーターの衛生状態について解説していきます。

不純物の有無

ミネラルウォーターは、多くの場合、不純物の処理が行われていますが、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル分は、逆浸透膜フィルターなどの高性能なろ過機能を使用してしまうと不純物と同時に除去されてしまうため、その不純物処理においては、性能の劣るろ過機能が使用されていることがあります。そのため、開封後は残留した不純物が腐敗することによる劣化が比較的早く表れやすくなることもあります。

一方で水道水の場合も基本的な不純物の処理は行われていますが、そのろ過機能の性能はミネラルウォーターの処理で使用されるものよりも劣る場合もあり、微量ではあるものの不純物が残留しています。そのため、その衛生状態は問題があるほどではないものの、決して優れているということはできません。

水道水は消毒がされている

水道水は衛生状態を維持するため、塩素を使用した消毒が行われています。そのため雑菌の含有量は少なく、その繁殖スピードも決して速くはありません。

その一方で消毒を目的として入れられる塩素は、不純物と化合して発がん性物質を生成したり、カルキ臭の原因となる場合もあるため、日常的な飲用には不適格といわざるを得ません。

煮沸は逆効果

水道水に含まれる塩素は煮沸を行うことで除去されてしまい、逆に空気を介して混入した雑菌の繁殖を促進してしまうことがあります。そのため、その衛生状態を維持するためには、保存方法に関係なく、煮沸は避けるべきです。

保存期間

大前提として水道水の場合もまた、できるだけ早く消費するべきである点は変わりありませんが、保存をする場合は容器などに入れて冷蔵保存する必要があります。この場合の保存期間は10日前後となっており、それ以上の期間の保存は衛生状態に影響が出るため避けなければなりません。また、常温保存の場合は長くても3日程度しか持たないため、ペットボトル入りのものとは違い、常温保存には不向きであるといわざるを得ません。

以上のことから、水道水は常温保存には向いていないものの、塩素による消毒がされているため、冷蔵保存の場合は開封後のペットボトルの水よりも長持ちするという特徴があります。

水道直結型ウォーターサーバーの衛生面でのおすすめポイント

水道直結型ウォーターサーバーの衛生面でのおすすめポイント

ペットボトルのように開封後すぐに消費しなければならない点を気にする必要がない水道直結型ウォーターサーバーは、その名のとおり水道に直結させて使用するウォーターサーバーです。続いては、このタイプのウォーターサーバーの衛生面でのおすすめポイントを3点ご紹介します。

不純物を除去できる

不純物には塩素が投入されているので腐りにくいという特徴がある一方で、カルキ臭や発がん性物質などが発生するため、安全性に問題が全くないわけではありません。

それに対し、水道直結型ウォーターサーバーには逆浸透膜フィルターなどを使用した高度なろ過機能が搭載されている事が多く、塩素をはじめとした不純物を除去することができます。そのため、カルキ臭や発がん性物質の発生を抑えることができるという点で、衛生面において大きなメリットがあり、おすすめです。

消費期限を気にしなくてよい

ペットボトルやボトル型ウォーターサーバーの水は、開封後できるだけ早く飲む必要があり、消費期限も気にしなければなりません。特に加熱処理が行われていないペットボトル入りのナチュラルミネラルウォーターの場合は、開封後すぐにカビが生えてしまうこともあり得るため、衛生面において大きなデメリットがあります。

一方で水道直結型ウォーターサーバーは高度なろ過機能によって不純物の処理が行われるため、すぐに腐ってしまうことがありません。また、ペットボトルやボトル型ウォーターサーバーのように、開封後に消費期限を気にしながら飲む必要もないので、常に品質のよい状態で飲むことができます

内部の衛生管理体制も充実

ウォーターサーバーの内部は常に湿度が高いため、細菌が繁殖しやすい状態にあります。特に水道直結型ウォーターサーバーは簡単に分解できないことが殆どであることから、利用者が内部の清掃を行うことは困難となってしまいます。

そのため、このタイプのウォーターサーバーを取り扱う業者の中には、年数回の定期有人メンテナンスで機器内部の衛生状態の維持に努めている業者も存在します。また、中には内自動洗浄機能を搭載したサーバーも存在し、同じ場所に水が滞留することによる細菌の繁殖を防ぐことが可能となっているため、サーバー本体の衛生管理が行えるという点でもこのタイプのウォーターサーバーには大きなメリットがあります。

このように水道直結型ウォーターサーバーには、ペットボトルのように、開封後はすぐに水を消費しきらなければならない点や、保存方法をよく考えなければならない点などのデメリットがないため、ペットボトル入りのものや水道水、さらにはボトル型のウォーターサーバーよりも大きなメリットがあります。

ここでは最後に水道直結型ウォーターサーバーを取り扱っている業者をランキング形式でご紹介するので、ぜひ業者を選ぶ際の参考にしてみてください。

水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーおすすめランキング

水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーを比較し、おすすめの商品をランキング形式でご紹介します。さまざまな側面から比較して、もっともニーズに合ったウォーターサーバーを選んでみてください。

1位 COOL QOO(クールクー)

COOL QOO(クールクー)  >>公式サイトはこちら
初期費用4,200円(税別)~
月額費用4,200円(税別)~
電気代月800円ほど
メンテナンス代年1回(無料)
解約金ご契約から36ヶ月以内の早期解約の場合には、早期解約手数料として1年以内30,000円(税別)、2年以内20,000円(税別)、3年以内10,000円(税別)がかかります。37ヶ月目以降/36ヶ月を超えてお使いいただいた場合には、早期解約手数料はかかりません。

撤去費用は、10,000円(税別)となっております。

水道直結型の「COOL QOO(クールクー)」は、大規模工場のろ過システムを採用した、小型のウォーターサーバーです。

定額のサーバー代だけで、しっかりとろ過された水を自由に飲むことができます。年に一度の有人メンテナンスも実施。逆浸透膜を使用したろ過システムが、放射性物質まで除去します。

特徴的なのは、通常の「ROろ過水」だけでなく、「ROろ過水素水」のコースが用意されている点です。美容に関心の高い方から注目を集めているお水は、女性からも好評となっています。現在、お友達紹介キャンペーンなどもありますので、お得に利用できるチャンスとなっています。

2位 ピュアウェーブ

ピュアウェーブ
初期費用無料
月額費用4,200円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は違約金が発生

「ピュアウェーブ」は、簡単に設置できる水道直結型のウォーターサーバーです。

水道に分岐具を取りつけて、そこから給水するため、難しい工事の必要がないのが特徴となっています。フィルター交換もワンタッチで行えるため、社内で交換するときにも困りません。ROフィルターでろ過された安心して飲めるお水を、定額で利用できます。

3位 楽水(らくみず)

楽水(らくみず)
初期費用無料
月額費用4,250円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

「楽水(らくみず)」は、水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーです。

さまざまな料金プランが用意されているのが魅力で、ニーズに合わせて料金を比較検討できます。「お手軽プラン」ではサーバー代3,500円で初回設置工事費18,000円がかかりますが、「工事費無料プラン」ではサーバー代4,250円で初回設置工事費無料となっています。

買取プランも用意されていますから、必要に応じてプランを選んでみてください。

関連記事